Kirjoittajalta Sanni Virta

こんにちは、エンケル~ CD紹介『We Are ENKEL』

「エンケル」は4人の民族音楽のミュージシャンによって構成されるグループで、フィンランドの伝統的な民族音楽に加えて、その伝統を踏み台とした、グループのメンバー達のオリジナル曲を演奏しています。「エンケル」では、ミーア・パロマキとレイヤ・ラウタマヤが2列半のボタン式鍵盤のアコーディオンを演奏し、イーダ・サヴォライネンがアルトヴァイオリンを、マイヤ・ポケラが15弦カンテレを演奏しています。「エンケル」は2016年にデビューアルバム『Pappilan hääyö –  Wedding Night At The Vicarage(牧師館のウエディングナイト)』を発売しており、今回発売された『We Are ENKEL』はこのグループの2枚目のフルアルバムとなります。 この『We Are ENKEL』のCDを聞けるようになる前に、2018年7月にラーッキュラ(フィンランド南東部、北カリヤラ県の町)のキハウス民族音楽フェスティバルでこのグループの演奏を見聞きすることができたのは、喜ばしいことでした。その演奏は、私のこのCDに対する期待を大いに高めました。なぜなら、このグループの演奏は、全体の信頼性と安定性の高さによって、私の心に2018年の夏に私が聞いたコンサートの中で最高のものの一つとして残っていたからです。 同様の信頼性の高さと本物さは、このグループの新しいフルアルバムでも、しっかりと聞くことができます。『We Are ENKEL』は、踊りだしたくなるような、エネルギーを与えてくれるような民族音楽にあふれています。このグループのメンバー達の、フィンランドの民族音楽の伝統に対する愛情と尊敬が聞こえてくるようです。スーパーヒーローをテーマとしたCDのブックレットでも、このグループは自分達のスーパーパワーは「伝統」であるとアピールしています。伝統に沿うことに加えて、「エンケル」の音楽は、また、とても独自性があり、革新的です。それはグループの演奏にも、楽曲の編曲の仕方にも、CDのビジュアル面の表現にも、見聞きすることができます。 このCDでのカンテレの役割は主に伴奏ですが、マイヤ・ポケラのカンテレのリズミカルなコード伴奏の正確さと多彩さは、少なくとも私がこれまで聞いたことのない何かでした。カンテレの多様な可能性と、コード伴奏をする楽器としての様々に異なる役割を追求するために、マイヤ・ポケラがとても多くの労力を費やしたことは、このCDを聞けばすぐに分かります。このマイヤ・ポケラの仕事のおかげで、私達は今、カンテレを以前とはまた少し異なった音楽の中で聞くことができます。 このCDは、長い間に発売されてきた民族音楽のCDの中で最高のものの一つだと言うことができるでしょう。皆さんにエンケルの音楽と知り合ってみることを心からおすすめします。ゾクゾクと体の毛を逆立てさせると同時に、口元に笑みを浮かべさせるものは、このCDでないとしたら、一体、何があるでしょう。――ありがとう、エンケル! (文:ハンナ・リューナネン  日本語訳:大谷千冬)...

Read More

ENKEL – We Are ENKEL

ENKEL on neljän kansanmuusikon muodostama yhtye, joka soittaa traditionaalista suomalaista pelimannimusiikkia sekä kyseisestä perinteestä ponnistavia yhtyeen jäsenten omia sävellyksiä. ENKELissä soittavat Miia Palomäki sekä Leija Lautamaja 2,5-rivisiä haitareita, Iida Savolainen alttoviulua ja Maija Pokela 15-kielistä kanteletta. ENKEL julkaisi debyyttialbuminsa Pappilan hääyö vuonna 2016 ja nyt julkaistu We Are ENKEL on yhtyeen toinen täyspitkä albumi. Ennen kuin pääsin kuuntelemaan We Are ENKEL- levyä minulla oli ilo nähdä ja kuulla yhtyeen esiintyminen Kihauksen kansanmusiikkifestivaaleilla Rääkkylässä heinäkuussa 2018. Tämä keikka nosti odotukseni levyn suhteen hyvin korkealle, sillä yhtyeen esiintyminen kaikessa vakuuttavuudessaan ja varmuudessaan jäi mieleeni yhtenä parhaista kesällä 2018 kuulemistani konserteista. Sama...

Read More

Hiroko Ara – Birds and The Tree (suomeksi)

Hiroko Ara on japanilainen, Hokkaidolta kotoisin oleva kanteletaiteilija, kanteleensoitonopettaja sekä säveltäjä, jonka uusin albumi Birds and The Tree on julkaistuvuonna 2016. Kyseessä on Aran kolmas kantelelevy; hänen esikoislevynsäGardenjulkaistiin vuonna 2004 ja vuonna 2007 tuli ulos hänen toinen albuminsa, Moon Drops. Soolouransa ohella Araa on mahdollista kuulla muun muassa Rauma-nimisessä duossa, jossa yhdistyy Aran kanteleensoitto sekä Haruhiko Sagan morin khuur. Uudella levyllään Ara soittaa soolona niin 39-kielistä konserttikanteletta kuin 11-kielistä pienkantelettakin. Albumi koostuu sekä Aran omista sävellyksistä että perinteisistä kansansävelmistä Suomesta, Ruotsista, Mongoliasta ja Englannista. Löytyypä levyltä yksi suomalaisen kanteleikonin, Martti Pokelankin, sävellys. Lisäksi levyn nimiBirds and The Tree toimii...

Read More

CD紹介 あらひろこ『Birds and The Tree』

あらひろこさんは北海道出身の日本人カンテレ奏者であり、カンテレ演奏の教師であり、作曲家でもあります。あらさんの最新のアルバムは2016年発売の『Birds and The Tree』です。これはあらさんの3枚目のアルバムであり、最初のアルバム『Garden』は2004年に発売され、2007年には2枚目のアルバムである『Moon Drops』が発売されています。ソロ活動に加えて、あらさんの演奏は「Raumaラウマ」という、あらさんのカンテレと嵯峨治彦(さがはるひこ)さんの馬頭琴を合わせたデュオなどで聞くことができます。 新しいCDではあらさんはソロで39弦コンサートカンテレや11弦小型カンテレを演奏しています。アルバムはあらさん自身の作曲の曲とフィンランド、スウェーデン、モンゴル、イギリスの伝統的な民族音楽の曲で構成されています。CDにはフィンランドのカンテレの象徴である、マルッティ・ポケラの作曲の曲も1曲、含まれています。また、このCDのタイトルである『Birds and The Tree』は即興(インプロビゼーション)で演奏される組曲の主タイトルにもなっています。この組曲の一部にははっきりと古いフィンランドの小型カンテレ演奏の伝統の影響を聞くことができます。このCDは音楽の世界でのカンテレのさまざまな可能性を、とても幅広く聞かせてくれています。 CDの全体を通して、カンテレの魅力的な透き通った音色が音楽の中心となっています。 カンテレ自体が本来持っている聞く人を惹きつける力を、こんなにも深く信頼する勇気を持った音楽を聞くことは、とても素敵な、気持ちの良い経験です。このCDが聞かせる音楽は美しく、細い水の流れのように穏やかに進み、情感豊かです。あらさんの演奏のタッチは、柔らかく落ち着いていて、聞く人は音楽に浸りきることができ、繊細な雰囲気を楽しむことができます。 このCDを聞けば、あらさんのカンテレに対する関心の深さと愛情をすぐに感じ取ることができます。演奏家自身がこのカンテレという楽器にとても深く魅了されているということ。それは、あらさん自身の音楽と、その音楽に自分を深く入り込ませることから生まれているものなのでしょう。それは、このCDに心地よく聞くことができます。 (文:Hanna Ryynänen...

Read More

Aino & Miihkali säväytti monipuolisuudellaan Rääkkylän Kihaus Folk-festivaalilla

Aino & Miihkali on Aino Ruotasen (konserttikantele, laulu) ja Miihkali Jaatisen (kitara, laulu) muodostama duo, joka esiintyi kesällä 2018 mittavasti ympäri Suomea Outside the Box-nimisellä kiertueellaan. Onnekseni pääsin kuulemaan tätä suhteellisen tuoretta duoa heidän konsertissaan Rääkkylässä Kihauksen kansanmusiikkifestivaaleilla heinäkuun alussa. Duon konsertti oli lämminhenkinen ja raikas, maailmanmusiikillinen tuulahdus Kihauksen festivaaliohjelmassa. Suuressa roolissa duon musiikissa oli Ruotasen kanteleella ja loop-pedaalilla taituroimat rytmiset kudokset, jotka toivat lavalle kokonaisen perkussiivisen orkesterin. Rytminen tarkkuus ja monipuolisuus, kanteleen erilaiset sointivärit ja niiden taidokas hyödyntäminen sekä kekseliäät sovitukset luovat perustan duon musiikille, joka on sekä mielikuvituksellista, helposti vastaanotettavaa että inspiroivaa kuunneltavaa. Suurin osa konsertin kappaleista...

Read More

Lataa Lasten Kantele 2016 -levy omaksesi!

Lataa omaksesi Lasten Kantele 2016 -levy! Löydät sen täältä!

Levyn ladataksesi tarvitset Kantele-lehdestä 3-4/2016 löytyvän salasanan. Huomaa isot ja pienet kirjaimet!